群馬県立土屋文明記念文学館


第100回企画展 「蛇崩(じゃくずれ)の歌人・佐藤佐太郎(1909-1987)―その珠玉の短歌を味わう―光とかがやきに溢れて」2018.4.18~6.10


会期/平成30年4月18日(水)〜6月10日(日)
開館時間/9:30~17:00(観覧受付は16:30まで)
休館日/火曜日(5月1日は開館)
観覧料/一般410円(320円)、大高生200円(160円)
※( )内は20名以上の団体割引料金 中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方と介護者1名は無料

佐藤佐太郎は、大正時代に歌壇の中心となった短歌結社「アララギ」で、斎藤茂吉(1882-1953)に師事した歌人です。昭和13年(1938)の佐太郎夫妻の結婚式では、茂吉に兄事し「アララギ」を率いた土屋文明(1890-1990)が媒酌人を務めてもいます。
早くから茂吉にその才能を認められた佐太郎は、昭和15年(1940)の歴史的合同歌集『新風十人』に名を連ね、同年刊の最初の個人歌集『歩道』(八雲書林、戦後刊行の新版は角川書店の出版第1号)でその評価を固めることになりました。昭和20年(1945)には短歌結社誌『歩道』を創刊して勤めていた岩波書店を退社し、戦後は毎日新聞選者、宮中歌会始選者を務め、日本芸術院会員ともなりました。
その作品世界は、比較的平明なことばを用いつつ品格を保ち、美しさにあふれたもので、光やかがやき、黄色への執着、そして後年は蘇東坡(1037-1101)への親炙の影響などが見られます。
また、東京の青山周辺に長く住んだ佐太郎が60代になって目黒区に転居し、日課の散歩道としたのが蛇崩川を暗渠とした「蛇崩川遊歩道」で、「蛇」「崩れる」という不穏なイメージを持つ語が詠み込まれることで、日常詠に絶妙なアクセントが刻まれることになりました。一方、国内のみならず海外での旅行詠も数多く残しています。
近現代の懸け橋に位置し、歌意が比較的理解しやすく、かつ格調高い佐太郎の歌は、「短歌」観賞の豊かな世界の、最高の入口の一つです。磨き抜かれたことばがひびきあう歌の数々に、ぜひ展覧会場で触れてみませんか?

・記念講演会「昭和の天才歌人・佐藤佐太郎 ―忘れ得ない師の歌・師の姿」
5月20日(日) 14:00 ~15:30 定員150名 無料
◎講師:秋葉四郎氏(斎藤茂吉記念館館長、『歩道』編集人)
事前に電話(027-373-7721)もしくは当館受付カウンターにてお申し込みください。
・スライドレクチャー
4月29日(日)、6月2日(土) 14:20から30分程度
◎講師:本展担当学芸員 事前申込不要(要当日観覧券)

~ポスター・チラシ表の歌~
みづからの光のごとき明るさをささげて咲けりくれなゐの薔薇(ばら)
昭和23年(1948)、第5歌集『帰潮』収録

~展示資料の名歌から~
電車(でんしや)にて酒店加六(しゆてんかろく)に行きしかどそれより後は泥(どろ)のごとしも
昭和11年(1936)、歌集『歩道』収録
なんといっても「しゅてんかろく」を中心とした音、ひびきが素晴らしい歌です。まるでシュシュッと軽やかにお酒を飲みに行きたくなるようではありませんか。結句に置いた「泥のごとしも」の音や意味の重さを含めた奇蹟的ともいえるようなバランスが、愛唱される由縁でしょう。

いのちある物のあはれは限りなし光のごとき色をもつ魚
昭和31年(1956)、第7歌集『群丘』収録
光にもいろいろな色があるのですし、「光のごとき色」は、科学的な言語としては意味をなしません。これこそまさに詩のことば、文学のことばで、「アララギ」で大切にされた「写生」から出発しつつも、その狭い定義や論理にとらわれ過ぎなかったからこそ、生まれ落ちた名歌です。

夕光(ゆふかげ)のなかにまぶしく花みちてしだれ桜は輝(かがやき)を垂る
昭和43年(1968)、第9歌集『形影』収録
美しいという以外に言葉が見つからないような作品です。「ごとき」のような直喩ではなく、隠喩で桜と輝きをつなげています。「桜が輝く」などなら比較的平凡、「桜=輝き」でも悪くないですが、結句の「輝を垂る」に、佐太郎の言葉を彫琢する才能が、まさに光り輝いています。

主催 群馬県立土屋文明記念文学館
協力 秋葉四郎氏・佐藤佐太郎研究資料室
後援 朝日新聞社前橋総局 毎日新聞前橋支局 読売新聞前橋支局 日本経済新聞社前橋支局 東京新聞前橋支局 産経新聞前橋支局 上毛新聞社 桐生タイムス社 NHK前橋放送局 群馬テレビ FM GUNMA ラジオ高崎 まえばしCITYエフエム いせさきFM FM OZE