群馬県立土屋文明記念文学館


New 「伊藤信吉(しんきち)未刊詩集」データが閲覧できるようになります

伊藤信吉(1906-2002)は、群馬県立土屋文明記念文学館の平成8年開館時の館長です。また、日本を代表する文芸評論家であり、詩人でもありました。
伊藤信吉が原稿用紙にペンで書いた、昭和初期の未刊詩集の画像を、命日である8月3日から当館の閲覧室で見られます。

1.データ閲覧(無料)
①場所
1階閲覧室内 PC

②閲覧開始日
令和元年8月3日(土)

③閲覧料
無料

④未刊詩集の内容
第一詩集『日没』15編
第二詩集『黄色い扇』21編
第三詩集『霜どけ風景』26編

第一詩集『日没』

 

2.特別公開について(観覧料が必要です)
伊藤信吉の未刊詩集の直筆資料の一部を特別公開します。

①場所
常設展示室

②公開期間
令和元年8月3日(土)~15日(木)

③常設展観覧料
一般200円、大高生100円
※現在開催中の企画展(みんなの「ごんぎつね」~新美南吉からのメッセージ~) を合わせて観覧する場合は 一般410円、大高生200円。
なお、中学生以下は両展示とも無料です。