群馬県立土屋文明記念文学館


「追悼 ドナルド・キーン特別展示」2019.3.1~3.17

平成31年2月24日、日本の古典から現代文学に精通し、世界に日本の文化と文学を広めた、日本文学研究者で文化勲章受章者のドナルド・キーン氏が天寿を全うされました。
当館では平成28年に、開館20周年を記念した企画展「角田柳作とドナルド・キーン ―群馬から世界へ―」を開催、日本の文化を米国に伝えた角田柳作と、その教えをきっかけに日本文学研究を志し、日本人となったドナルド・キーン氏の絆と業績を紹介しました。
追悼の意味を込め、3月1日より「追悼 ドナルド・キーン特別展示」を開催いたします。

1 実施期間
平成31年3月1日(金)~3月17日(日)(開館時間 9:30~17:00)

2 場所
県立土屋文明記念文学館1階ロビー

3 観覧料
無料
※企画展「文学者の書 筆に込められた思い」は観覧料が必要です。

4 おもな展示資料
・サイン入り企画展ポスター・チラシ・図録・パンフレット
・『碧い眼の太郎冠者』ドナルド・キーン著 昭和32(1957)年10月 中央公論社
・『AFTER THE BANQUET』三島由紀夫著、ドナルド・キーン訳 昭和38(1963)年 Secker&Warburg  KODANSHA INTERNATIONAL
・『天皇の孤島』ドナルド・キーン、オーティス・ケーリ、D・オズボーン著、オーティス・ケーリ編訳 昭和52(1977)年 サイマル出版社

※上記展示の他、閲覧室にドナルド・キーン氏著作物の小コーナーを設けます。

5 映像上映
ドナルド・キーン氏が当館で、平成28年10月16日に恩師角田柳作の思い出を語った講演「先生」の映像、約20分間を映像展示室で上映します。
平日  2回上映 (11:00、14:00)
土・日 5回上映  (11:00、11:30、13:30、14:00、14:30)

───当館実施事業のお知らせ──────────────────────────────

★企画展★
「文学者の書 筆に込められた思い」(平成31年1月12日(土)~3月17日(日))

★共同展示★
平成30年度 全国文学館協議会共同展示 『3.11 文学館からのメッセージ』
「天明の浅間焼と羽鳥一紅-浅間山大噴火を記した高崎の女流文人」
(平成31年2月20日(水)~3月17日(日)) ※共同展示は観覧無料