群馬県立土屋文明記念文学館


新元号発表記念『万葉集』関連書籍コーナー開設と特別ミニ展示「土屋文明と『万葉集』」について【終了】

「平成」に代わる新元号「令和(れいわ)」は『万葉集』巻五の梅の花の歌32首の序文より引用されたものです。群馬県立土屋文明記念文学館では以下のとおり、『万葉集』に関連した企画を行います。

○閲覧室に『万葉集』関連書籍のコーナーを開設
○4月13日より新元号発表記念として「土屋文明と『万葉集』」特別ミニ展示開催

※土屋文明は4500首以上ある『万葉集』の全注釈を成し遂げ『万葉集私注』(全20巻)をはじめ、多くの関連書籍を刊行、生涯にわたって万葉集研究を続けました。『万葉集私注』により昭和27年度第9回日本芸術院賞受賞。

 

1 実施期間
○関連書籍コーナー:4月6日(土)~5月31日(金)
○特別ミニ展示:4月13日(土)~5月31日(金)
開館時間 9:30~17:00(観覧受付は16:30まで)
休館日 火曜日(4/10~12は企画展展示準備のため休館、4/30は開館)

2 場所
○関連書籍コーナー:1階閲覧室
○特別ミニ展示:1階ロビー

3 観覧料
無料
※企画展「ミステリー小説の夜明け」は観覧料が必要です。

4 おもな展示資料

○関連書籍コーナー(約60冊)
・『万葉集私注 新訂版』1~10 土屋文明著 昭和51、52年 筑摩書房
・『万葉集入門』土屋文明著 平成元年 筑摩書房
・『万葉風土記』(1)~(3)猪俣静彌著 川本武司写真 平成2、3年 偕成社
・『万葉集』上・下 伊藤博校注 平成8、9年 角川書店
・『覚えておきたい順 万葉集の名歌』佐佐木幸綱監修 平成19年 中経出版

○特別ミニ展示(約15点 パネル含む)
・土屋文明原稿「『万葉集私注』第5巻」
・『万葉集年表』土屋文明著 昭和7年 岩波書店
・『旅人と憶良』土屋文明著 昭和17年 創元社
・『万葉紀行』土屋文明著 昭和18年 改造社
・『万葉集私注』第5巻 土屋文明著 昭和25年 筑摩書房
・第88回企画展図録『歌の古代を探る―万葉集・土屋文明・東国文化―』
平成27年4月 群馬県立土屋文明記念文学館

【常設展示室中央「三十六歌人」コーナーでは「山上憶良」「大伴旅人」をはじめとした人形と短歌一首を紹介しています。】※常設展示室の入場には観覧料が必要です。

───当館実施事業のお知らせ──────────────────────────────

★企画展★

「ミステリー小説の夜明け―江戸川乱歩、横溝正史、渡辺啓助、渡辺温―」
(4月13日(土)~6月9日(日))