群馬県立土屋文明記念文学館


YouTubeチャンネル『tsulunos』に永田和宏氏記念講演『戦後歌壇の牽引者:土屋文明』が公開されました!(2021年3月31日まで)

群馬県動画・放送スタジオ「tsulunos(ツルノス)」YouTubeチャンネルに、永田和宏氏記念講演『戦後歌壇の牽引者:土屋文明』が公開されました。
なお、2021年3月31日までの期間限定公開となります。

 

【概要】
○2020年11月22日(日)、当館では、土屋文明生誕130年没後30年記念展関連行事として、永田和宏氏を講師に迎え、記念講演会を開催しました。 土屋文明に関わるご自身の体験を交え、土屋文明の功績や文明短歌の魅力についてお話しいただきました。

○講師プロフィール 永田和宏(歌人、JT生命誌研究館館長、京都大学名誉教授、京都産業大学名誉教授)
1947年滋賀県生まれ。京都大学理学部物理学科卒業。米国NIH(国立がん研究所)客員准教授を経て、京都大学胸部疾患研究所教授、同再生医科学研究所教授、京都産業大学総合生命学部学部長、同タンパク質動態研究所所長などを歴任。2020年4月より現職。塔短歌会主宰(2014まで)、朝日歌壇、宮中歌会始詠進歌選者など。紫綬褒章、ハンスノイラート賞(USA)他、歌人とし読売文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞、現代短歌大賞など受賞多数。歌集15冊の他、『近代秀歌』『現代秀歌』『タンパク質の一生』(以上、岩波新書)。『歌に私は泣くだらう』(新潮文庫)、『生命の内と外』(新潮選書)、『知の体力』(新潮新書)、『象徴のうた』(文藝春秋)など多数。
○問い合わせ先:土屋文明記念文学館(027-373-7721)
こちらから動画が御覧になれます!→永田和宏氏記念講演『戦後歌壇の牽引者:土屋文明』|土屋文明記念文学館|群馬県

                ※YouTubeチャンネル「tsulunos」より(外部リンク:YouTube)