群馬県立土屋文明記念文学館

土屋文明

プロフィール

明治23年(1890年)~平成2年(1990年)

当館では、歌人土屋文明の業績を記念して、その短歌とともに生きた生涯をご紹介しています。また、県立文学館として、群馬県ゆかりの文学資料の収集と公開をしています。

明治23年、群馬県西群馬郡上郊(かみさと)村(現・高崎市)保渡田(ほどた)の農家に生まれる。幼少期は伯父の家で育てられ、伯父の膝の上で講談を聞くなど貴重な体験をする。高崎中学在学中から文学を志し、蛇床子の筆名で俳句や短歌を「アカネ」「ホトトギス」に投稿する。中学の国漢教師村上成之が根岸派の歌人、俳人であることを知り、成之に師事し自然主義文学の目を開かれる。

卒業後、成之の紹介により伊藤左千夫を頼って上京、左千夫の家に住み込み短歌の指導を受け「アララギ」に参加する。その後、一高を経て東大に進む。一高、東大の学友には、山本有三、近衛文麿、芥川龍之介、久米正雄らがいた。東大在学中から芥川、久米らと第三次「新思潮」の同人に加わり、井出説太郎の筆名で小説、戯曲を書いた。

大正6年、「アララギ」の選者に加わる。大正7年から13年まで、島木赤彦の紹介により諏訪高女の教頭として赴任し、諏訪高女、松本高女の校長を歴任する。大正14年、第一歌集『ふゆくさ』を出版、歌壇の絶賛をあびる。以後、実感的、生活的、即物的な作風で多くの歌集を出版するとともに万葉集の研究にも打ち込み万葉学者としての地位を確立する。昭和5年斎藤茂吉から編集発行人を引き継ぎアララギの指導的存在となる。昭和20年、戦災に遭い吾妻郡原町(現吾妻町)川戸に6年半の疎開生活を送る。この間、渓谷沿いの静かな自然の中で自給自足の生活を送りながら、『万葉集私注』の執筆、「アララギ」の復興、アララギ地方誌の育成などに精力的に活動した。

昭和28年、日本芸術院会員、38年、宮中歌会始召人、59年、文化功労者、61年、文化勲章を受章する。平成2年、肺炎及び心不全により100歳で死去。 群馬県名誉県民、群馬町名誉町民、東京都名誉都民。

主な著書に『万葉集年表』、『万葉集私注』、『短歌入門』、『ふゆくさ』、『山谷集』、『韮菁集』、『山下水』、『青南集』等がある。


土屋文明略年表 土屋文明の歌集 常設展示室 土屋文明ってこんな人!