群馬県立土屋文明記念文学館

土屋文明の歌集

第一歌集『ふゆくさ』

第一歌集 『ふゆくさ』

1925(大正14)年2月28日/古今書院
1909(明治42)年から1924(大正13)年までの380首

第二歌集『往還集(おうかんしゅう)』

第二歌集『往還集(おうかんしゅう)』

1930(昭和5)年12月20日/岩波書店
1925(大正14)年から1929(昭和4)年までの649首

第三歌集『山谷集』(さんこくしゅう)

第三歌集『山谷集』(さんこくしゅう)

1935(昭和10)年5月20日/岩波書店
1930(昭和5)年から1934(昭和9)年までの852首

第四歌集『六月風』(ろくがつかぜ)

第四歌集『六月風』(ろくがつかぜ)

1942(昭和17)年5月20日/創元社
1935(昭和10)年から1937(昭和12)年までの566首

第五歌集『少安集』(しょうあんしゅう)

第五歌集『少安集』(しょうあんしゅう)

1943(昭和18)年6月25日/岩波書店
1938(昭和13)年から1942(昭和17)年初頭までの881首

『山の間の霧』(やまのまのきり)

未刊ですが、自選歌集『山の間の霧』に「山の間の霧より」として205首収録。歌人・近藤芳美(1913-2006)のように幻の『山の間の霧』を第六歌集とする数え方もあります。

第六歌集『韮菁集』(かいせいしゅう)

第六歌集『韮菁集』(かいせいしゅう)

1945年(昭和20)年3月29日後記/青磁社
1944(昭和19)年7月から12月までの647首

第六歌集『韮菁集(改版)』

第六歌集『韮菁集(改版)』

1946(昭和21)年7月5日/札幌青磁社
1944(昭和19)年7月から12月までの547首(青磁社版が647首で札幌青磁社版が547首。後者にあって前者にない歌が1首あるので、計648首)

第七歌集『山下水』(やましたみず)

第七歌集『山下水』(やましたみず)

1948(昭和23年)3月31日/筑摩書房
1945(昭和20)年6月から1946(昭和21)年末までの797首

第八歌集『自流泉』(じりゅうせん)

第八歌集『自流泉』(じりゅうせん)

1953(昭和28年)3月31日/筑摩書房
1947(昭和22)年から1951(昭和26)年までの1,240首(重複した4首を含む)

第九歌集『青南集』(せいなんしゅう)

第九歌集『青南集』(せいなんしゅう)

1967(昭和42)年11月25日/白玉書房
1952(昭和27)年から1961(昭和36)年途中までの1,358首(重複した3首を含む)

第十歌集『続青南集』(ぞく―)

第十歌集『続青南集』(ぞく―)

1967(昭和42)年11月25日/白玉書房
1941(昭和36)年後半から1966(昭和41)年までの1,413首

第十一歌集『続々青南集』(ぞくぞく―)

第十一歌集『続々青南集』(ぞくぞく―)

1973(昭和48)年7月30日/白玉書房
1967(昭和42)年から1973(昭和48)年5月までの1,290首

第十二歌集『青南後集』(せいなんこうしゅう)

第十二歌集『青南後集』(せいなんこうしゅう)

1984(昭和59)年7月20日/石川書房
1973(昭和48)年6月から1983(昭和58)年までの1,285首

遺歌集(第十三歌集)『青南後集以後』(―いご)

遺歌集(第十三歌集)『青南後集以後』(―いご)

1991(平成3)年8月1日/石川書房
1984(昭和59)年から1990(平成2)年9月までの591首

※網掛けした歌集は〈短歌新聞社文庫〉として1993(平成5)~2003(15)年に復刊

全歌集

『土屋文明全歌集』 1993年(平成5)年3月25日/石川書房

上記の歌集から重複した7首を除き補遺197首を加えて総計12,345首

自選歌集(すでに発表した歌集などから自分で選んだ短歌を収めた歌集)

  • 『放水路』1936(昭和11)年11月21日/改造社
  • 『放水路(改版)』1949(昭和24)年7月10日/白玉書房
  • 『新選土屋文明歌集』1940(昭和15)年12月22日/新潮文庫
  • 『ゆづる葉の下』1946(昭和21)年5月15日/目黒書店
  • 『ゆづる葉の下(改版)』1953(昭和28)年1月25日/白玉書房
  • 『山の間の霧』1952(昭和27)年9月28日/白玉書房
  • 『土屋文明歌集』1955(昭和30)年8月20日/角川文庫
  • 『土屋文明歌集(改版)』1971(昭和46)年8月30日/角川文庫
  • 『土屋文明歌集』1984(昭和59)年3月16日/岩波文庫