群馬県立土屋文明記念文学館

企画展示

HOME 企画展示第117回企画展 萩原朔太郎大全2022「私の同郷の善き詩人」

第117回企画展 萩原朔太郎大全2022「私の同郷の善き詩人」

令和4年10月8日(土)~12月18日(日)

展示概要

萩原朔太郎と同時代を生きた群馬の五詩人、山村暮鳥、大手拓次、高橋元吉、萩原恭次郎、伊藤信吉。年代の差はあれ、朔太郎と彼らとの間には、詩を巡り、それぞれ深い交流が築かれました。本展では、彼らとの交わりを軸に、詩集『月に吠える』から『氷島』へと至る萩原朔太郎の詩的変遷に迫ります。

1 開催期間

令和4年10月8日(土)~12月18日(日)

火曜休館

9:30~17:00(観覧受付は16:30まで)
※12月4日(日)はロビーコンサート開催のため15:00閉館

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、会期・関連行事等が変更となる場合があります。ご来館の際は感染症対策にご協力ください。

2 観覧料

一般500(400)円、大高生250(200)円
※( )内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
※10月28日(金)群馬県民の日は無料

3 関連行事

記念講演会

Ⅰ「萩原朔太郎「郷土望景詩」について―「才川町」を中心として―」

10月30日(日) 14:00~15:30

講師 野呂芳信 (東洋大学文学部教授)

定員100名 無料 要事前申込 先着順

Ⅱ「詩とともに生きる」

11月3日(木・祝) 14:00~15:30

講師 松下育男 (詩人)

定員100名 無料 要事前申込 先着順

Ⅲ「上州から始まる詩の魅力」

11月13日(日) 14:00~15:30

講師 蜂飼耳 (詩人、立教大学文学部教授)

定員100名 無料 要事前申込 先着順

朔太郎と群馬の詩人を歌う

Ⅰ 11月27日(日) 14:00~14:40

文士の作品に曲をつけて歌う「文学とフォーク」
朔太郎・恭次郎作品と現代フォークの邂逅をお楽しみください。

出演 世田谷ピンポンズ

定員100名 無料 要事前申込 先着順

Ⅱ 12月4日(日) 15:30~17:00

朔太郎をめぐる“ミュージック・ミュージアム”
朔太郎・拓次・恭次郎・達治の歌曲、合唱曲による「生き物語」をお届けします。

出演 西田直嗣(指揮)・佐藤貴子(Sop.)・宮下紗衣(Sop.)・清水健太郎(Bar.)・澤田まゆみ(Piano)・渋川ナタリ(Piano)

定員70名 無料 要事前申込 先着順

高校生によるマンドリンコンサート

10月16日(日) 14:00~15:00

出演 県立高崎高校&県立高崎女子高校マンドリン部

定員100名 無料 要事前申込 先着順

展示解説

10月8日(土)、11月20日(日)、12月10日(土) 各日14:00~14:30

要観覧料 申込不要

関連行事申込

事前申込が必要なイベントは、「イベント申込フォーム」か、往復はがきにてお申し込みください。
■イベントごとに申込が必要です。申込は各イベントごとにお一人様1回限り有効です。
■申込者(代表者)を含め2名様まで申込できます。
■個人情報は適切に管理し、各イベントの目的にのみ使用します。

往復はがきの書き方