群馬県立土屋文明記念文学館

130周年

特別館長日記

HOME 特別館長日記令和3年3月11日(木)

令和3年3月11日(木)

毛野国
稔り豊か人多く毛野国群馬県山河悠々日本のまん中 土屋文明
(『青南後集以後』昭和61年1月6日上毛新聞掲載)

絲山秋子展も3月14日の閉幕まで余すところ4日となりました。
1月16日に開幕した当初は、コロナウイルスの感染状況が厳しく、予定通り開催していくことができるか、大変心配しましたが、ここまで関連行事もほぼ予定通り実施することができ、たくさんの皆様にご観覧いただきました。ありがとうございます。

本日(3月11日)は、上毛新聞社の内山充社長さんにご多忙にもかかわらずご来館いただき、絲山展をご観覧いただきました。
内山社長さんは、絲山さんが平成23年10月から26年3月まで2年半にわたり、上毛新聞に群馬県周辺のドライブ探訪記を連載されたときに、編集部で関わったそうです。
絲山さんが群馬を拠点としてすばらしい作品をつぎつぎと発表されていることをたいへんうれしく思っているとおっしゃっていました。


  

カテゴリー
最近の投稿
月別アーカイブ