群馬県立土屋文明記念文学館

130周年

特別館長日記

HOME 特別館長日記
特別館長日記

宮柊二記念館

2021年06月14日

亡き父のありし昔の聲のごと魚野川鳴るその音恋ひし    柊二
中国に兵なりし日の五ヶ年をしみじみと思ふ戦争は悪だ   柊二

新潟県魚沼市にある宮柊二記念館に行ってきました。
快晴に恵まれ、越後駒ヶ岳、中ノ岳、八海山の越後三山が幾筋も雪を残した姿で空高くそびえ、魚野川が青く澄んで滔々と流れていました。
堀之内インターチェンジで下りて10分ほど行くと、魚沼市の堀之内庁舎、公民館、体育館と並んで、木と白壁で造られた宮柊二記念館がありました。
5月30日から始まった「柊二の歌一首」展は、歌誌『コスモス』のアンケートで高得票を得た短歌を中心に、軸や色紙などの資料がゆったりと展示されていました。
柊二と文明は、それぞれ歌誌『コスモス』、『アララギ』の中心として、長年にわたり短歌界を牽引し、いくつかの共通点をもっています。
柊二は堀之内町、文明は群馬町、それぞれ魚沼、高崎という都市の周辺地域で生まれ育ちました。
旧制中学校を卒業すると故郷を離れ、人生のほとんどを東京で暮らし、柊二は魚野川に、文明は榛名山に、望郷の思いを託しました。
柊二は北原白秋、文明は伊藤左千夫、先輩歌人に親しく師事し研鑽を積みました。
戦時中には、中国に渡り、戦争の現実を見て、柊二は『山西省』、文明は『韮菁集(かいせいしゅう)』という歌集を遺しました。
柊二の率直に表現された情感豊かな短歌と、文明の写実的で深みのある短歌という違いはありますが、ともに近現代を代表する歌人です。
宮柊二記念館は、少ない職員にもかかわらず、全国短歌大会を開催し、今年で27回を迎えています。第二芸術論をはじめとする戦後の混乱から短歌を守った土屋文明のかけがえのない功績を考えれば、当館もその名を冠した全国短歌大会を開催すべきだと、私は考えています。
今回の訪問では、下村正人館長様をはじめ、職員の皆様にたいへんお世話になりました。今後も交流させていただければありがたいと考えています。

   

旧跡も歌枕も意に介さず

2021年06月02日

慈覚大師御開扉過ぎし壬生寺に灰冷えびえと大火鉢二つ
輪王寺まゐり道の円仁産湯の井今日は三毳(みかも)の盥窪(たらいくぼ)は見ず
糸遊に結びつくべき煙なし風流風雅なし雑木の芽立ち
(『続々青南集』下野国壬生より)

宇都宮の近くに壬生(みぶ)という町があります。
平安時代の高僧、慈覚大師円仁由来の壬生寺にある文明先生の歌碑を見てきました。
円仁は、794年に生まれ、幼いときから仏典を学び、比叡山に登り最澄の弟子となりました。その後、留学僧として唐に渡り、10年間を五台山や長安などで過ごし、仏教を深く学びました。帰国後は、日本各地を行脚し、仏教を広めるとともに、地方文化の興隆や社会事業にも尽力し、第三世天台座主となり、864年入寂後、「慈覚大師」の称号を贈られました。
壬生は、円仁生誕の地と言われているにもかかわらず、その旧跡が荒廃しているのを嘆いた日光山輪王寺の門跡天真親王が1686年に大師堂を建立しました。やがて、大正時代に大師生誕1050年を記念して、輪王寺門跡彦坂大僧正の指導のもと、東京上野の寛永寺天台宗学問所を本堂として移建し、「壬生寺」となりました。
円仁生誕の地と言われている旧跡は、壬生町と同じ下都賀郡の岩舟町にもあり、三毳山(みかもやま)の麓の手洗窪(たらいくぼ)に小さな社があります。
文明先生がテル子夫人を伴って壬生寺を訪れたのは、昭和46年4月17日、81歳の時です。近くにある、「奥の細道」ゆかりの「室の八島」や道鏡ゆかりの「下野国薬師寺跡」も訪れました。
「慈覚大師…」の歌を刻んだ歌碑は、「慈覚大師生誕産湯の井戸」の側に建てられていました。壬生寺は、「節分のお宝まき」のときなどはたいそう賑わうそうですが、ひっそりとしていました。「灰冷えびえと大火鉢二つ」もそのような様子を詠まれたのではないかと思います。
現在ある「慈覚大師生誕産湯の井戸」は、大正時代に創られたもののようで、円仁生誕の地を強く実感することはできませんでした。「輪王寺…」の歌は、そのような感じを詠まれたのではないかと思います。
お寺の由来や歌碑については、ご住職ご夫妻からもいろいろなお話をお伺いすることができ、資料もたくさんいただきました。私からは、「文明先生の数少ない歌碑の一つなので大切にしていただければありがたい」と申し上げました。
「糸遊に…」の歌は、「室の八島」(現栃木県栃木市)で詠まれた歌です。「室の八島」は、一夜の契りで懐妊しニニギノミコトから不義を疑われた「木の花さくや姫」が産室にこもり火をつけると三神が生まれたという言い伝えに由来する歌枕で古来多くの歌人が訪れています。芭蕉も「奥の細道」の旅で訪れ、「糸遊に結つきたる煙哉」という句を遺しています。池の中に小さな島が8つあり、社がありましたが、文明先生の詠まれたとおり、「木の花さくや姫」由来の「煙」を感じ取ることはできませんでした。
現地に行ってみて、旧跡も歌枕も意に介さず、実景を率直に詠んだところがまさに「アララギの総帥」の面目躍如と思いました。

深谷にも文明の歌碑

2021年05月26日

荒川のあふれなかるゝ道を来て静かに秋づく擁月荘にすわる 文明 (大圓寺の歌碑より)

過日、埼玉県深谷市へ行ってきました。
深谷市は今、NHKの大河ドラマ「青天を衝け」の主人公である渋沢栄一の故郷として注目されています。
渋沢栄一記念館、その生地「中の家」は、混雑しているわけではありませんが、平日にもかかわらず、それなりの見学者がいました。
大圓寺という小さなお寺は、家並みが続く深谷町にひっそりとありました。大圓寺には文明先生の歌碑があります。
昭和22年9月17日、山口平八の学塾「擁月荘」を訪れたときの歌です。
山口平八は、地元の青年たちに、政治・経済・芸術などを幅広く教授し、「擁月荘」は多くの著名人を輩出しました。
文明先生は、2日前の15日に関東を襲った「キャサリン台風」であふれた荒川の水がまだ引いていない中、擁月荘を訪れました。
高等女学校教育や大学教育に携わり、文学者としても現実を直視していた文明と山口平八は、おそらく、戦後の日本がどうあるべきか、などについて語り合ったのだろうと思います。
二人が過ごした貴重な時間の記念である、この歌碑は、昭和40年6月25日、山口平八が66歳の誕生日に自宅の庭に建てたものです。後に、山口平八夫妻に対する謝恩の気持ちを込めて近隣の人々が建てた「擁月荘景慕の碑」とともに、山口家の菩提寺「大圓寺」に移されました。
生前、文明先生は、歌碑建立の依頼があると、「あんなものは、犬のしょんべんじょになるだけさ」とほとんどお断りになったそうです。犬の小便はどうかわかりませんが、大圓寺の歌碑には鳥の糞がたくさん付いていました。
「ほら見たことか」と微笑む文明先生のお顔が浮かびました。

 

  

 

 

令和3年3月31日(水)

2021年03月31日

桜の花
染井桜みにくき幹の老いざれてなほこの年の花をかざすか  文明
(『自流泉』昭和22年)

我がさくら花
わが花の東海ザクラにはじまり終ひににぎはふ八重桜      文明
(『青南集』昭和35年)

3月31日、人事異動で文学館を去っていく職員に最も美しい光景を見せようとするかのごとく、周辺の桜が満開になりました。
文学館正面の庭では、文明の歌碑と暮鳥の詩碑を満面の桜が取り囲んでいます。
八幡塚古墳の頂からながめると、文学館の側らに桜が咲き、その向こうに榛名山が紫にたたずんでいます。
草木を愛する文明にしては、桜を詠んだ短歌は少ないように思いますが、老いてなお咲く桜、春を彩るとりどりの桜を的確に詠んでいます。


  

令和3年3月27日(土)

2021年03月27日

諏訪湖畔
湖の氷はとけて猶さむし三日月の影波にうつろふ 赤彦
(『太虚集』大正13年)

高木村
亡き人の村冬に入る菜の茂り山を見るこそ静かなりけれ 文明
(『山谷集』昭和6年)

島木赤彦五十年忌に
生くるに難くありたる時に先づ来り救の手をばのべし君なり 文明
(『青南後集』昭和50年)

3月27日は「赤彦忌」、諏訪が生んだ『アララギ』の代表的歌人島木赤彦の命日です。
赤彦は、明治9年に生まれ、大正15年に亡くなるまでの49年間、短歌界に大きな足跡を残しました。
大正2年に、伊藤左千夫が没すると、嘱望されていた教育界を退き、短歌誌『アララギ』の編集発行人となって、多士済々の歌人たちをよくまとめました。『アララギ』の編集発行人は、斎藤茂吉、土屋文明と受け継がれていきますが、赤彦がいなければ、早くに途切れてしまったかもしれません。
赤彦は、文明にとって、歌人としての先輩であるだけでなく、かけがえのない人生の恩人でした。
東京帝国大学を卒業したにもかかわらず2年間定職のなかった文明に、諏訪高等女学校教頭の職を紹介してくれました。長野師範学校の先輩で同校校長の三村安治との縁によるものでした。
文明は2年後、同校の校長となり、松本高等女学校の校長として退職するまで6年間、長野県の教育界で過ごしました。この6年間は、文明にとって、必ずしも順風満帆ではありませんでしたが、歌人として活躍するための貴重な社会的経験を積むことができました。
赤彦の功績を讃えて、諏訪湖のほとりには、「赤彦記念館」が建てられています。諏訪は、まだ朝晩、寒さが厳しいかもしれませんが、野山の草木も少しずつ春の装いを見せはじめているのではないかと思います。


  

令和3年3月11日(木)

2021年03月11日

毛野国
稔り豊か人多く毛野国群馬県山河悠々日本のまん中 土屋文明
(『青南後集以後』昭和61年1月6日上毛新聞掲載)

絲山秋子展も3月14日の閉幕まで余すところ4日となりました。
1月16日に開幕した当初は、コロナウイルスの感染状況が厳しく、予定通り開催していくことができるか、大変心配しましたが、ここまで関連行事もほぼ予定通り実施することができ、たくさんの皆様にご観覧いただきました。ありがとうございます。

本日(3月11日)は、上毛新聞社の内山充社長さんにご多忙にもかかわらずご来館いただき、絲山展をご観覧いただきました。
内山社長さんは、絲山さんが平成23年10月から26年3月まで2年半にわたり、上毛新聞に群馬県周辺のドライブ探訪記を連載されたときに、編集部で関わったそうです。
絲山さんが群馬を拠点としてすばらしい作品をつぎつぎと発表されていることをたいへんうれしく思っているとおっしゃっていました。


  

令和3年2月28日(日)

2021年02月28日

白楊花
白楊(どろ)の花(はな)ほのかに房(ふさ)のゆるるとき遠(とほ)くはるかに人(ひと)をこそ思(おも)へ(『ふゆくさ』)

十一月二十日児夏実を伴ひ両崖山に登る
をさな児(ご)がもぐ山(やま)すげの実(み)は小(ちさ)く落(おち)葉(ば)の下(した)にまろび落(お)つるよ(『ふゆくさ』)

足利法楽寺山
児と坐りネーブル蜜柑を食ひ居ればいで遊ぶ人われのみにあらず(『往還集』)

21日に発生した足利市の山林火災はまだ続いています。
現在(28日)、火の勢いは弱まり、「鎮圧までいま一歩」ということなので、一刻も早い鎮火を願っています。
足利は土屋文明と縁の深い土地です。
文明の妻テル子は、「大正2年7月から大正7年3月まで」と「大正13年4月から大正14年10月まで」の2度足利で暮らしました。
テル子は、文明と同じく群馬郡上郊村保渡田出身で、明治45年3月に津田梅子の女子英学塾を卒業し、私立東京女子商業学校に一時勤務した後、大正2年7月から大正7年3月まで、足利高等女学校の英語教員として勤務しました。
おそらくテル子が女子英学塾、文明が旧制第一高等学校在学中から、二人は付き合い始めていたようで、テル子の足利赴任で離ればなれになった文明が足利のテル子を慕って詠んだと思われる短歌が『ふゆくさ』に掲載されています。
大正7年3月、文明とテル子は結婚し、文明の赴任地諏訪で新婚生活を送ります。
大正13年4月、文明は、木曽中学校への突然の転任発令を拒否して長野県の教職を退職しました。そのとき、ちょうど足利高等女学校に英語教員の空きがあって、テル子は再び勤務しました。夏実と草子、二人の子がいたので、子育てのお手伝いを雇っての勤務でした。文明もまもなく法政大学講師の職に就くことができましたが、当分の間離ればなれの生活となりました。
子煩悩の文明は、休日に足利を訪れ、息子と両崖山に登ったり、近くの法楽寺に遊んだりしました。そのときの短歌が『ふゆくさ』や『往還集』に掲載されています。
このとき、テル子と子どもたちが暮らした本城は、今回の山林火災の避難対象区域になっています。
足利は、歌人文明を慕う者にとって聖地の一つです。被害が最小限であることを祈っています。


  

令和3年2月14日(日)

2021年02月14日

青々とゆたかなる上毛(かみつけ)をめぐる山遠くかすめり雪残る山も(『続青南集』昭和39年)

いろいろなことがあってしばらく日記を休んでしまいました。
その間に春の訪れが実感できるようになりました。八幡塚古墳の頂上からながめると、文学館の向こうに見える榛名山は霞がかかり、穏やかな春らしい色をしています。

年により咲く木咲かぬ木遅早の梅は歌ふと植ゑしにはあらず(『続々青南集』昭和44年)

文学館の南の「方竹の庭」(東京南青山の土屋家旧宅から移植した庭)は、最近植木屋さんに手入れをしてもらったので、かなりすっきりしました。
梅の木が何本か植えられていますが、いずれも遅咲きらしく、まだほとんど花をつけていません。それでもよく見ると一輪咲いていました。

年々に衰へしるき方竹のやや持ち直す去年より今年(『青南後集』昭和50年)

文明先生が愛した、茎が四角いシホウチクは、若緑の葉をたくさんつけて元気な姿を見せています。
まだ決して予断は許されませんが、新型コロナウイルスの状況も明るい兆しが若干見えているような気がします。憂いなく春を楽しめるようになることを心より願っています。


  

令和2年12月21日(月)

2020年12月21日

この三朝(みあさ)あさなあさなをよそほひし睡蓮(すゐれん)の花(はな)今朝(けさ)はひらかず(『ふゆくさ』)

10月10日から開催してきた土屋文明生誕130年没後30年記念展「若き日の土屋文明-あまた人々の恵みあり-」が、昨日12月20日閉幕しました。

新型コロナウイルス感染症で行動が制限されるなかにもかかわらず、大勢の皆様にご観覧いただきました。たいへんありがとうございました。

笹公人先生、永田和宏先生には、当館の歴史に残るすばらしい記念講演をしていただきました。
「現代歌人27人が選ぶ土屋文明短歌」は、文明の短歌がいかに多彩で卓越したものであるかをあらためて理解するきっかけとなりました。
「アララギ六歌人六曲半双屏風」(諏訪湖博物館・赤彦記念館蔵)、「『金剛山五十首』折帖」(雁部貞夫氏蔵)は記念展に華を添える資料でした。
土屋家をはじめ文明先生とご縁のある皆様にもご来館いただき、貴重な出会いに恵まれました。
今回の記念展にご支援ご協力をいただきました大勢の皆様に心より感謝申し上げます。たいへんありがとうございました。

土屋文明記念文学館は、都道府県立では全国で唯一の個人名を冠した文学館です。太平洋戦争敗戦後の混乱期、「第二芸術論」をはじめ短歌を軽視する動きが展開されるなかで、1400年に及ぶ「和歌・短歌」の伝統を守る上で土屋文明が果たした役割はそれに十分値するものと考えています。

群馬テレビでコメンテーターの熊倉浩靖氏がおっしゃっていたように、「土屋文明の業績は千年を超えて語り継がれていく」のだろうと思います。そして、そのために尽力することが当館に課せられた使命と考えています。


  

令和2年12月14日(月)

2020年12月14日

祖母(おほば)は朝々(あさあさ)みぎりの草を引く佐々子来たり歩(あゆ)まむがため(『自流泉』)
汝(な)が父も汝が母も祖父(おほぢ)を手伝(てつだ)ひて佐々子は独(ひとり)遊ぶにやあらむ(  〃  )

先週の土屋安見さんご夫妻、高野明さんご夫妻のご来館に引き続きまして、12月13日(日)は、土屋文明先生のご長女である故小市草子(こいち かやこ)さんのご長女平田佐佐子さんご一家にお越しいただき、土屋文明生誕130年没後30年記念展「若き日の土屋文明-あまた人々の恵みあり-」や常設展示をご覧いただきました。

佐佐子さんからは生前の文明先生を偲ぶお話をお伺いしました。
移築した書斎にある机をご覧になって、文明先生が一番下の引き出しから氷砂糖を取り出して口に入れてくれたのがおいしかったというお話。
特別展示の「金剛山五十首」(雁部貞夫氏蔵)をご覧になって、文明先生が書をお書きになるときは自分の母などまわりの者が墨を摺って差し上げていたというお話。
実が色づいた橙の木をご覧になって、この木が青山南町にあった頃は、軒に届くか届かないくらいで、今の半分くらいの高さだったというお話、などです。

文明先生の第8歌集『自流泉(じりゅうせん)』には、「佐々子を思ふ」という詞書きの付された短歌5首が掲載されています。文明先生ご夫妻が、孫の佐佐子さんをかわいがっていたことが伺われます。

なお、佐佐子さんからは、お母様である故小市草子様のご著書『かぐのひとつみ-父文明のこと』をたくさんご寄贈していただきましたので、大切に活用させていただきたいと考えております。

また、本日は、長野県松本市にある梅月菓子舗の馬瀬由利子さんご夫妻にもご来館いただきました。馬瀬さんには、私が文明先生の松本高等女学校校長時代のことを現地調査したとき以来お世話になっています。

両ご家族にご来館いただき、「若き日の土屋文明」をご観覧いただけたことは、私どもにとってたいへん大きな励みとなりました。


  

カテゴリー
最近の投稿
月別アーカイブ